オルニチン

肝機能をアップさせるしじみ

近年、若者から高齢者まで幅広く注目されている食物として、しじみを挙げる事が出来ます。
しじみには二日酔い防止や健康を維持するために重要な食物だと知られていますが、その他にも美容効果などと様々な効果が判明されています。
その事から幅広い支持層を集めている事は言うまでも無いのですが、中でも肝臓の機能に関する事柄を説明していきます。

肝臓の機能とは、お酒の飲みすぎや度数の強いアルコール飲料によって低下してしまう恐れがあると言われていますが、その事から飲酒を頻繁に行う方にとっては非常に興味深い事柄です。
もちろん肝臓の機能はしっかりとケアをして上げれば低下しても復活させる事が出来るのですが、そのケアの1つとして挙げられるのがしじみなのです。
しじみにはオルニチンと言う肝機能をアップさせる成分が含まれているので、その働きによって間接的に機能をサポートする事が出来るのです。

オルニチンとは、もともとアミノ酸の一種として知られていますが、アラニンと呼ばれているアミノ酸の種類を助ける働きを持っているのです。
アラニンとは、アルコール代謝を改善する働きが有りますので、肝機能をサポートするにはこのアラニンがカギを握っている事は言うまでも有りません。
なので、アラニンを助ける働きを持つオルニチンとは、アルコール代謝の改善に結びつく事が実現する訳なのです。

これらの事から、肝機能をアップさせるしじみとはオルニチンという成分の働きによって成り立っています。
オルニチンがアラニンと言うアミノ酸の一種をサポートする事によって、間接的に肝機能を向上させる事が出来るのです。
アラニンにはアルコール代謝に関わる重要な成分なので、アミノ酸の減少に活躍するオルニチンとはアラニンをサポートしながらアミノ酸量を適正に整えておく事が出来るのです。
すなわち、肝機能のアップの背景には、オルニチンが欠かせない存在になっており、アミノ酸量と深い関係が有るのです。
効率の良いしじみの食べ方についても参考に是非ご覧ください。

このページの先頭へ