オルニチン

しじみの効果とは?

二日酔いになりやすい人やお酒が弱い方であれば、飲酒する前に様々な対策を取ってからアルコールを摂取する方が多いのですが、それでも二日酔いに悩まされてしまう事は少なく有りません。
現代では二日酔いになりにくくする為のドリンクも販売されているのですが、必ずしも二日酔いを防止する事が出来るのか、と言うとそれは難しいのです。
その為に二日酔い改善の為に、しじみが含まれた料理を摂られる方も居るのですが、その方法は二日酔いを防止する為に十分な効果を期待する事ができます。
今回は、そのしじみの効果についてを具体的に説明していきます。

しじみの効果には、まず先ほど説明したように二日酔い防止が期待できるのですが、それは含まれているビタミンB12やタウリンが大きく関連してきます。これらの成分には共通して肝臓の中の毒を解毒する効果が期待できるので、二日酔い防止には十分な働きを持っているのです。
しかし、実はしじみの二日酔い防止効果とはこれらだけでは有りません。

しじみにはオルニチンという有効成分が含まれており、そのオルニチンも実は肝臓の働きに大きく関与しているのです。
アミノ酸の一種として知られているオルニチンなのですが、たんぱく質を生成していく為にはこのオルニチンが欠かせないのです。
普段は必須アミノ酸が有るので働きかける事は無いのですが、アミノ酸が少なくなってきた時にこのオルニチンが働き始めるようになっています。
アミノ酸にはアルコール代謝を上げる働きを持つ成分もあるので、その事からオルニチンの成分が欠かせない存在なのです。

これらの事から、しじみの効果とは肝臓の機能低下を防ぎ、二日酔いを改善したり防止する効果が十分に考えられます。
その効果を発揮する為には、しじみの成分として必要不可欠なビタミンB12やタウリンを始め、アミノ酸の減少に伴って働きを始めるオルニチンが大切なのです。
このような成分によって、しじみの効果を十分に発揮する事が出来るのです。

このページの先頭へ